試行memory.2nd

Space not farのあれ
<< 泥1.01パッチ公開 | main | 500円ぐらいまで値下がりするセールがあったらツクールMV買います >>
雪のガラドリエルあとがき

RPG探検隊の拍手コメントのほうがよっぽど雪のガラドリエルの感想がたくさん来てるの不思議ですね。

なんでやねんという感じですが、まあなんかこのサイト拍手とかなくて

作者に感想伝えづらいし、自然な話かとは思います。ワハハ。

だいたいみんな感想ツイートして満足しちゃいますよね。

 

一応メールフォームとかあるんで、そこから感想送っていただいてもいいですよ。

なんならブログのコメント欄とか、Twitterにでも。

 

 

そんなわけで雪のガラドリエル、ふりーむで公開中です。

すでにプレイしていただいた方はありがとうございます。

雪と夜空のゲームセレクトという企画に参加させていただいてもいます。

こちらで配布されているモンスター素材が実に使いがいのあるものだったのが参加の決め手でした。

 

製作期間は大雑把に二週間ぐらいでしょうか。

昔作ったゲームとか今作ってるゲームとかからリソースを使いまわすことができたので比較的楽に済みました。

泥のガラドリエルをプレイ済みだと、少し違った味わいになったかもしれません。

 

今作は極力ストレスなくプレイできて、なおかつ適当プレイでもクリアできることを心がけました。

ので人によっては物足りないかもしれません。

そういう方は小戦闘回数クリアとか低ステータスクリアみたいな縛りを設けて遊んでみてください。

今回はわりかしこのへんの影響がつよいゲームとなっております。

ざっくり言うと隊列概念はDDやアフパ、閃きやランダム成長はロマサガですね。

ひらめきシステム、もともと好きだったんですが自分でゲームに採用してみたら

ひどく優れたシステムだというのを実感しました。

閃き確率や成長法則なんかもロマサガの式をほとんどそのまま使っております。

いや〜名作と呼ばれるには理由があるんですねえ。

 

VITの高いキャライラスト制作を二つ返事で引き受けていただいたうたさん

テストプレイヤーの皆様、特に濃い意見をいただけたさつさんeikaさんの存在は

制作にあたって大きな助けになりました。ありがとうございました。

 

天使心母のほうもがんばって製作中ですので、公開されたときにはぜひともよろしくお願いします。

| muspell | - | 20:40 | comments(3) | - | - |
雪のガラドリエル、クリアしました。
先制回避盾+魔法攻撃のアイスソードの倒し方がとても好きです。(おそらくこの倒し方が正攻法?)
フキダシでちょいちょい会話してくれるのもかわいい。
天使心母にも期待。身体に気をつけてご活動ください。
| | 2017/02/28 9:53 PM |
はじめまして。今回初めてコメントさせていただきました。
雪のガラドリエル、プレイしました!
戦術的に試行錯誤しながら楽しめるゲームシステムが自分は好きなので、とても楽しんでプレイできました。
サガシリーズも大好きでロマサガのネタや、ひらめきシステム、技名もツボでした。リエルとラナのやり取りもかわいくて〇。次回作も期待しております!

雪のガラドリエルをクリアした後、巫女瓜さんのほかの作品をプレイしてみようと思い、泥のガラドリエルを購入しました。
(自分は雪のガラドリエルの作品中でダイレクトマーケティングを拝見しておりません。笑 ツイッターを見て後で知りました。)
ここから泥のガラドリエルをプレイした内容と感想になります。
2017.02.11よりプレイ開始。
全く事前知識がなくて初見プレイしてみてゲーム開始ソッコーで死亡しました。
なんだこれはっ!?って正直おもいました。
世界観の説明やゲームシステムの説明とか全然ないので、(もしかしたらマニュアルとかに書かれていたのかもしれませんが、自分は基本的に読まないので)やたらムズイなおいっ!て感じでした。
全くの手探り状態からのゲームはあんまりしたことなかったからかもですが、死にまくっているうちになんか図鑑ってのがあったな〜って思って、それを見ながら戦術を考えるのかぁ〜っていう感じでした。創造できるパーティーメンバーの活かし方もよくわからなかったし、いい感じで進めていたと思ったらいきなり強敵に出くわしてあっさり全滅というのがよくありました。(ホント死ぬときはあっさり。)
しかし、神の声の「死ね」のメッセージ通り、死にまくってるうちにだんだん要領を得てきて、バリケード壊したときの危険度も把握できるようになり、戦術を組めるようになってきたあたりからとても面白くなってきて、そこからプレイしまくってました。
セーブをする場所を判断するのにもとても迷いました。
最初クリアしたときのセーブポイントが10階で、そのセーブポイントからラスボス戦までいって、あっさり全滅を何回も繰り返していたときは正直きつかった!
いい感じで技能を覚えて中盤までいける自信が最初のうちはなかったのでそのセーブデータを大切に使っていました。
そして、死亡回数320回を超えたあたりで念願のクリア!!
最初にトレヴァ倒したときは画面に向かってよっしゃ!って言いながら中指立ててましたね。笑
(あとで登場人物の解説よんでやっぱりトレヴァは悪い奴だと知りました。)
そこからのエンディングが自分にはきつかったです。。。
ネタバレは避けたいので詳しくは書きませんが、クリアした後にガラドリエルとパーティがいるときの会話を見ると切なくなりました。
雪のガラドリエルは泥のガラドリエルとは直接関係ないようですが、泥のガラドリエルの分岐エンディング(本編では存在しないと思われますが)のその先が雪のガラドリエルであると
勝手に解釈することにしました。
ここからは、初クリア時の内容について書きたいと思います。
初めてクリアしたときのメンバーは初見プレイで選択した「従者」「騎士」「術士」(従者はラスボス戦では使用せず術士2人を起用)で、2回目クリア時は賢者を選択してだいぶ楽になってたので、最初の選択自体が結構厳しかったかとも思いました。が、
しかし、その難しさが泥のガラドリエルの醍醐味であり、ラスボスを倒したときの爽快感もまた格別でした!
ラスボス戦ではフールクロス2枚重ね着+安心毛布の3枚着込みで、ガラドリエルにアウェイクスペルかけてゲルセミウム連打。周りを片付けたらあとはカスケードでトレヴァを始末。というガラドリエルの火力頼み戦術で何とか攻略できました。
いやぁ〜あれは本当に良かった!
パーティのレベルについてはいまだに1も上げることができていないので次はレベル上げの方法を探してみたいと思います。(たぶん破棄せずに大事に使うこと?自分が破棄しまくってたので途中でガラドリエルは破棄するときどんな気持ちなのかとか考えるようにまでなってしまっていた。破棄はコワくない?痛くない?きっとキレイな感じのはず。)

(現時点でのプレイ結果)
・100デッドの表示
・コンプの表示
・クリアの表示
・死亡 375回
・クリア10回
・ノーセーブクリア(タイトル画面に何も出てこないのが少し寂しい)

泥のガラドリエルをクリアしたことで自分のゲーマースキルに自信がつきました。自分としては巫女瓜さんの
さらに難易度の高いゲームをしてみたいという願望があるのでさりげなく要望しておきたいと思います。
(有料でもよゆーで買います。)やりごたえのある素晴らしいゲームをありがとうございました!
| トラマーチ | 2017/03/26 2:56 AM |
こんにちは。プレイありがとうございました。

>パーティのレベルについてはいまだに1も上げることができていない
人形は作製時の消費HP決定時にしかレベルを操作できません。
わかりづらくて申し訳ないです。
| 巫女瓜 | 2017/03/29 3:01 PM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode